浜松市・藤枝市の高性能な注文住宅なら西遠建設へ
モデル見学in浜松

モデル見学in浜松

スタジオ見学in藤枝

スタジオ見学in藤枝

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデル見学in浜松

モデル見学in浜松

スタジオ見学in藤枝

スタジオ見学in藤枝

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

浜松市・藤枝市での一戸建ての維持費はどれくらい?注文住宅を建てる際の注意点も紹介

お金
公開日:2023.12.18
最終更新日:2024.01.13
お金
公開日:2023.12.18
最終更新日:2024.01.13

浜松市・藤枝市での一戸建ての維持費はどれくらい?注文住宅を建てる際の注意点も紹介

計算機と家と円マーク
自然が豊かで食も楽しめるのに加えて、生活の利便性が高い浜松市・藤枝市。今回はこちらの魅力的なエリアにスポットライトを当てて、一戸建ての維持費や建物の劣化に伴う修繕費、注文住宅を建てる際の注意点などを紹介していきます。浜松市・藤枝市で一戸建てを検討されている方は必見です。

目 次

浜松市・藤枝市はどんな街?

街づくりを調査する作業員とOL
まずは、浜松市と藤枝市がどんな街なのかについて、その特徴や魅力を探っていきましょう。

浜松市

浜松市は、東京都と大阪府のちょうど真ん中あたり、静岡県の西部に位置する街です。静岡県の中で最も広い面積をもち、四方を異なる自然環境が取り囲んでいます。そのため、四季によって様々な風景の変化を感じられ、あらゆるレジャーや食が楽しめます。
また、浜松駅周辺から郊外に至るまで大型商業施設も充実しており、自然と都市部のバランスが整った大変住みやすい街といえるでしょう。
さらに、浜松市には東海道新幹線、JR東海道本線、JR飯田線、天竜浜名湖鉄道、遠州鉄道が通っており、交通の便が良いことも魅力の1つです。

参考元:浜松市「浜松市の強み・魅力」

藤枝市

静岡県のほぼ中央あたりに位置する藤枝市。藤枝市出身のサッカー選手がJリーグなどで多く活躍していることから「サッカーの街」としてよく知られています。さらにお茶の生産が明治時代から盛んな地域です。
東京や名古屋など都市部へのアクセスが良く、豊かな自然も味わえるとして都会と田舎の良いとこ取りが可能なため、最近では藤枝市に移住する方も増えています。
藤枝市には静岡県で最も栄えている静岡市が隣接していることも魅力の1つです。静岡駅周辺には静岡PARCOや新静岡セノバなど大型ショッピングモールが立ち並んでいます。

参考元:藤枝市観光協会「藤枝の魅力」

>>浜松市・藤枝市で人気のエリアや坪単価は?注文住宅を建てる土地探しのコツ5点もご紹介

一戸建ての維持費と相場

お金のことを考える夫婦、カップル
一戸建てにかかる主な維持費は以下の通りです。

・固定資産税
・都市計画税
・火災保険料
・地震保険料
・修繕費
・建物周辺の光熱費

浜松市・藤枝市周辺は平均気温が16度と比較的暖かいため、除雪に費用がかかったり、光熱費が爆発的に上がったりするようなことはないでしょう。

一戸建てにかかる維持費の相場は、40~50万円とされています。

建物の劣化に伴う修繕費と目安

リフォームを考える夫婦と電卓
一戸建てを購入すれば、いずれはリフォームやメンテナンスなどの修繕費が必要です。一般的に一戸建てを購入してから30年で500万円ほどの修繕費が必要になると考えられています。40年、50年経過すればさらに様々な箇所が劣化して修繕が必要になり、より多くの修繕費がかかるとされているのです。では、どのような箇所が劣化しやすく、具体的にどれくらいの費用がかかるとされているのでしょうか。以下で詳しくみていきましょう。

修繕対象になりやすい箇所と概算費用

一般的な戸建ての修繕対象になりやすい箇所と、修繕頻度、概算の費用を以下にまとめました。
修繕内容と頻度、概算費用の表
表はあくまで目安ですが、大体10年おきに150万円ほどの費用がかかる概算が出ていることがわかります。修繕には大きな費用がかかりますが、先送りにしたところでいつかは実施しなければならないため、計画的に修繕していく必要があります。

一戸建てを建てるタイミングでできる維持費を減らす対策5つ

ウッディな落ち着くリビング
一戸建てには様々な維持費がかかることを説明しました。ここでは、一戸建てを建てるタイミングでできる、維持費を減らす対策5つを紹介していきますのでぜひお役立てください。

対策① 耐久性・耐震性に優れた家を検討する

耐久性・耐震性に優れた家に住むことで、メンテナンスそのものを減らせるため修繕費などを節約できる可能性が高くなります。例えば、色褪せしにくい外壁材を選ぶとメンテナンスとして行う外壁塗装の回数を減らせるでしょう。

>>耐震性能とは?知っておきたいメリットやデメリット、耐震等級とあわせて解説

対策② 省エネ性能が高い家を検討する

省エネ性能が高い家を検討するのも、維持費を減らすのに効果的です。家の外壁や窓、天井などの断熱性・気密性が高い家を選べば、外部環境が家の内部に影響しなくなり冷暖房による電気代を抑えられるでしょう。

>>高断熱・高気密の家ってどんな家?浜松市で注文住宅を建てる際に知っておきたいメリット・デメリットを徹底解説

対策③ アフターサービスを確認する

入居してからアフターサービスや点検などによって、定期的に家の状態を確認してもらい、その都度必要なメンテナンスを受けることで家の大きな劣化を防げるでしょう。自分たちが家づくりを依頼した会社のアフターサービスや保証内容を確認しておくのがおすすめです。

>>浜松市・藤枝市で家を建てたあとも安心!R+house浜松中央・藤枝の保証とアフターサポート

対策④ 一般的に流通している資材を選ぶ

家づくりで採用する資材は、一般的に流通しているものを選ぶのがおすすめです。特殊なものにせず一般的に流通しているものを選べば、メンテナンスなどで資材の交換や修理が必要になった時、容易に対応してもらえるでしょう。

対策⑤ 設備の必要性について十分話し合う

家の設備について検討する際は、その設備が本当に必要なのかどうかについて十分話し合うことが大切です。
例えば、和室は畳のメンテナンスが必要です。他にも床暖房はホットカーペットで十分だったということもあり得るでしょう。和室も床暖房もいずれは維持費がかかります。これらの設備は設置する前に、本当に必要かどうか検討しましょう。

注文住宅を建てる際に注意したいポイント5つ

ポイントと書かれた紙
人生で最も大きな買い物とされる家。後悔しないために、ここでは注文住宅を建てる際に注意したいポイント5つを紹介していきます。

ポイント① 配線・動線・収納の確認

配線・動線・収納は、快適に暮らす上でとても大事になってきます。
まずは配線。コンセントが届かない、ここにあったら使いやすかった、などはよくある配線の失敗例です。このような失敗を避けるためには、家を設計する際に、家電などの配置まで考えておくと良いでしょう。

次に動線。動線とは、家の中で人が行き来する経路のことです。例えば、クローゼットとベランダが離れている、玄関を空けてすぐにトイレがあるなど、人が生活していく上で不便さやストレスを感じる動線は避けたいものです。動線を考える際は、人が実際に住んでいる様子を細かくイメージすると良いでしょう。

最後に収納。スペースの確保を優先したことで、収納が足りなくなるのもよくある失敗例です。多くの場合、生活スタイルは年々変化していくため、その変化に対応できるような収納を確保しておく必要があります。

ポイント② 仕上げ材の確認

仕上げ材とは、床や壁、天井などの仕上げに使用する表面材料のことです。仕上げ材は直接目で見える、その家の雰囲気やイメージを左右する大事な部分であるため確認を怠らないようにしましょう。確認用のサンプルはできるだけ大きなものを用意してもらい、具体的にイメージしながら確認するのがおすすめです。

ポイント③ 住みやすさとデザインのバランスを確認

「せっかく家を建てるなら自分たちが気に入るデザインにしたい」と、誰しもがそう思うでしょう。しかし、住みやすさよりもデザインを優先してしまうと後悔することになってしまうかもしれません。「開放感のある家にしたい」と吹き抜けのデザインを採用したものの、上にある窓のメンテナンスができなかったり、「大きな窓が欲しい」と壁一面を窓にしたものの、断熱性・耐震性に劣ってしまったりなどがよくあるケースです。
もちろん自分たちが最も気に入るデザインは心や生活を豊かにしますが、長年住んでいく家であるため、住みやすさとのバランスも視野に入れて考えることが大切です。

ポイント④ 間取りの確認

間取りを決める際には、部屋ごとに注意すべきポイントがあります。以下でみていきましょう。

<LDK>

「大きな窓が欲しい」「外国のようなおしゃれなアイランドキッチンにしたい」という要望が多いLDK。以下では大きな窓とアイランドキッチンにした場合のデメリットをみていきましょう。

【大きな窓】
・外からの視線が気になる
・テレビに日光が当たって見にくい

【吹き抜け】
・高所の掃除がしにくい
・冷暖房が効きにくい

<寝室>

寝室を作る際には、広さ・音・光に気をつけることがポイントです。

【広さ】
・ベッドが入る広さにする

【音】
・トイレ、子供部屋の隣や通りに面している部屋を寝室にしない

【光】
・明け方に枕元が朝日で照らされない場所にする

<子供部屋>

子供部屋は、子供の人数や年齢、性別などによって必要となる部屋数や収納などが異なってくるため、部屋づくりで悩みやすい場所です。家族構成や将来像をイメージしながら作ると良いでしょう。

<水回り>

水回りを作る上で注意したいポイントをみていきます。

・水回りとリビングには間を設け、防音対策をする
・トイレは玄関から見えない配置にする
・メンテナンスのしやすさを考慮して水回りをまとめる

<玄関>

「明るくて広い玄関に憧れる」という方は多いでしょう。しかし、玄関には靴、傘、ベビーカー、スポーツ用品など様々なものを収納したいという方も少なくありません。そのため、玄関作りに関しては明るさ・広さに加えて収納力も重視しましょう。

>>注文住宅で後悔した失敗例10選!静岡県浜松市・藤枝市で間取りを決めるポイントとは

ポイント⑤ 耐久性・耐震性の確認

浜松市・藤枝市を含む静岡県は、南海トラフ地震のリスクが高いとされている街です。家づくりをする際は、耐久性・耐震性についても確認しておく必要があります。

>>浜松市東区の災害発生リスク・エリア情報について詳しくはこちら!
>>浜松市北区の災害発生リスク・エリア情報について詳しくはこちら!
>>藤枝市の災害発生リスク・エリア情報について詳しくはこちら!

浜松市・藤枝市の注文住宅ならR+house浜松中央・藤枝へ

グリーンの外壁の家
浜松市・藤枝市ともに自然と都市部のバランスが良く、比較的温暖で住みやすい環境が整っています。R+house浜松中央・藤枝は、60年もの間、家を守るアフターサービスプログラムを備え、長期優良住宅に標準対応するなど、維持費を抑える様々な強みを持っています。浜松市・藤枝市で注文住宅を検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

>>浜松市・藤枝市でコストを抑えつつ自由設計で建てられる注文住宅「R+house」

#静岡県浜松市天竜区 #静岡県藤枝市 #静岡県浜松市中央区 #静岡県浜松市浜名区#注文住宅 #新築 #R+house #住宅維持費 #工務店 #住みやすい街

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.02.03

【建売住宅VS注文住宅】戸建てはどっちがおすすめ?浜松市・藤枝市の家づくりで後悔しないためのポイント

家づくりノウハウ
2024.02.02

注文住宅で受けられる第三者評価制度の種類と第三者評価制度を活用するメリットを紹介【浜松市・藤枝市】

家づくりノウハウ
2024.01.18

【浜松市】注文住宅の断熱性能とは?UA値による室温や光熱費の違いを比較

家づくりノウハウ
2024.01.17

浜松市で注文住宅を建てるならガレージハウスがおすすめ!その理由は?

前へ
島田市でおしゃれな平屋を建てよう!建築事例もご紹介します
浜松市・藤枝市の治安は?注文住宅を建てるべきおすすめのエリアを紹介
次へ
島田市でおしゃれな平屋を建てよう!建築事例もご紹介します
浜松市・藤枝市の治安は?注文住宅を建てるべきおすすめのエリアを紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお施主様の声をご紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

注文住宅のはじめの一歩は資金計画から

お客様のライフスタイルに合わせた資金計画

「おうちを建てたい」と思った時、とりあえずハウスメーカーの住宅展示場に行き、自分の理想に近い「いい家」を選ぼうとしていませんか?
「いい家」を「選ぶ」のではなく、「いい暮らし」を「つくる」という考え。既成概念にとらわれない新しい家づくりをしてみませんか。
R+house浜松中央・藤枝では、建築家を身近に、高性能住宅を手軽に。個性をカタチに、賢い家づくりをご提案します。
保証とアフターサポート

暮らしを守る保証とアフターサポート

R+house浜松中央・藤枝は、充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。
建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も長く快適に暮らせるように、R+house浜松中央・藤枝では60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムを備えています。
定期点検やメンテナンスなど、充実のメニューを取り揃えております。
ZEH✖太陽光でランニングコスト対策できます

快適で光熱費を抑えたZEH住宅

R+house浜松中央・藤枝では、国(経済産業省・国土交通省・環境省)が支援している※「ZEH(ゼロ・エネルギー住宅)」を積極的におすすめしています。
初期費用は掛かりますが、将来的なランニング費用を計算し、ご家族にとってコストや満足度がマイナスとならないような設計を行った上でご提供させていただきます。
※2050年のカーボンニュートラル、脱炭素化社会の実現を目指して、住宅も省エネ・省CO2化が加速しています。
2025年4月以降に着工する全ての建築物に「省エネ基準」への適合を義務付けられるため、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

YouTube
モデルハウスやお施主様宅の動画コンテンツ

弊社の施工事例や家づくりアイデアをご紹介

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります

R+house浜松中央店
住所
浜松市中央区富屋町153
営業時間
10:00~17:00
休業日
火/水曜日、GW/年末年始
R+house藤枝店
住所
藤枝市前島1丁目7番5号
営業時間
10:00~17:00
休業日
火/水曜日、GW/年末年始