2019年4月アーカイブ

◆建築家のかたと打ち合わせ!

| コメント(0)

こんにちは!
R+house浜松中央です。

R+houseの特徴は、なんと言っても「建築家と一緒に建てる家」です!!

日曜日に建築家打ち合わせがあったので、その時の様子をご紹介します^^

今回担当してくださるのは藤本先生です!!



▼実際に建てる土地へ訪問している様子です!

近隣の住宅の様子、近くの交通量、日当たりなど実際に見て、土地を最大限に活かした家造りをしてくださいます!!

201904251.jpg

 

 201904252.jpg

 

建築家と一緒に建てる家がR+houseの特徴です!

良いプランが完成するのが楽しみです^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お問合せ先はこちら>

西遠建設アールプラスハウス浜松中央

TEL 053-425-1811 までお電話ください。

お待ちしております。

こんにちは!

今日は、おうちをご購入後の
充実のアフターサポート「家価値60年サポート」のご案内です。
あなたの大切なおうちを、ずっと快適に、ずっと安心に。

新しいおうちに住んだときのワクワク感、
便利で快適な生活ができる安心感がいつまでも続くように、
充実のアフターサポートで、おうちの体調管理をサポートします。

 

①長期修繕(メンテナンス)計画作成

永く快適な暮らしを続けるために、維持・管理計画を立てる必要があります。
お引渡しするおうちに合わせた、60年間の長期修繕計画を作成してお渡しするサービスです。
実際の点検やメンテナンス情報の管理・更新も行います。
作製した計画に従って適切なタイミングで補修をして安心に暮らせる住環境を維持していきましょう。

201904221.jpg

 

②住宅履歴管理・更新

住宅履歴や長期修繕(メンテナンス)計画も、定期点検報告書も、全ての情報を専用システムで一元管理。

201904222.jpg

 

③第三者機関による定期点検+アフターメンテナンス

おうちの状況を確認するために定期的に点検にお伺いします。
安心の第三者機関による点検です。

201904223.jpg

 

④新築時の防蟻工事・保証付き!

おうちの大敵であるシロアリからおうちを守るために行う工事と保障サービスです。
日本長期住宅メンテナンスの組合員(防蟻工事会社)が工事を行います。
防蟻工事の再施行をすると5年保障が延長します。
5年ごとに点検・防蟻処理をし、建物の安全性を保ちましょう。
・<保障期間>5年(施行日から5年)
・<保証限度額>500万円(施行日から5年)

⑤万が一のときのセーフティネット

「住宅会社倒産時のサポート継続サービス」

万が一、新築住宅を施工した住宅会社が倒産した場合でも、
継続して第三者機関が定期点検とおうちのサポートを実施します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お問合せ先はこちら>

西遠建設アールプラスハウス浜松中央

TEL 053-425-1811 までお電話ください。

お待ちしております。

みなさん、こんにちは。

今日から新年度。気持ち新たに本年度も頑張って参りましょう!

今日はいよいよ新元号が発表されましたね♪

巷の噂では「和」という漢字を使ったものではないか?という予想だったらしいですけど、

見事に当たったようですね~。みなさんはどんな元号を想像していましたか?

さて、今日は先日焼津のK様邸の様子をお届け致します。

焼津 亀山邸2.jpg

いかがですか~。立派なお宅になりそうな予感ですね。

焼津 亀山邸1.jpg

さて、これは。。。と言いますと。

大工さん、ハイチーズ!ではなくて、大工さんが柱と柱に入れているもの!

焼津 亀山邸3.jpg

近くでど~ん!(ちょっと横になっていますが。。。)

これは、何かといいますと。

噂の『Rパネル』というものです。

この一見シンプルなパネル。実はとっても優れもの。

これは外部に面した柱の間に敷き詰める外装パネルなのですが、このパネルに秘密があります。

この写真では解りずらいのですが、あの白い部分が硬質ウレタンフォームという素材でできています。

なんと厚みは8センチ!

断熱材はグラスウールと耳にしたこともあると思うのですが、それと比較すると約2倍の断熱効果があるんです。

すごいですよね!

さらにそれだけではなく、時間の経過とともに湿気を含みしぼむことも、

柱とともに腐ってしまうこともありません。

さすが、高気密高断熱にこだわるアールプラスハウスですよね♪

長年住む家なので、なるべく性能を落とさずいつまでも暖かく涼しいおうちを少しでも長く保ちたい!

そんな願いを叶えるのがこのRパネルです♪

なかなか見る機会も少ないのですが、モデルハウスには見本がありますので是非見てみてください♪

このアーカイブについて

このページには、2019年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

次のアーカイブは2019年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13