2016年8月アーカイブ

屋根裏部屋のメリット

| コメント(0)

個性的な家づくりをしたいと思った場合には、ユニークなスペースを設けると良いものですが、そういったスペースの一つが、屋根裏部屋です。

屋根裏部屋というのは、オシャレな雰囲気があって魅力的ですが、こういったスペースがあることで、家の付加価値としての働きもあるものです。

なお、屋根裏部屋には色々なメリットがあるのも注目どころです。
例えば、家づくりの際に何かと気になる容積率に関するものがあります。
屋根裏部屋は、制限を守れば容積率として計算されないという良さがあるのです。

また、広さに余裕がありますから、収納スペースを多く確保したいという人にはピッタリだと言えるでしょう。
場所が屋根裏ですから、たくさんの物を収納していても、普段生活していて変に目につくことがないため、スマートな暮らしを実現できるとも言えます。

場所が場所だけに、取り出す時には不便さがありますが、季節ものや使用頻度が低いものを入れておけば、滅多に出しませんから、大きな問題にはならないものです。

また、小分けにして収納すると取り出しも楽ですから、ダンボールのサイズなどを工夫して物を移動すると負担が少なくて良いでしょう。

照明の工夫で・・・

| コメント(0)

こんばんは!

R+house事業部のタカイです。

以前、モデルハウスをご覧になったお客様が

『このモデルハウスって夜は明るいんですか?』

とご質問がありました。

なぜ、夜は暗いと思ったのか・・・?

その理由は"照明"でした。

家の照明と言うと、どんなものを思い浮かべますか?

おそらく、多くの人はこのシーリングライトを思い浮かべるのでは

ないでしょうか?

IMG_2202.JPG

弊社のモデルハウスには、シーリングライトが少なく

ダウンライトを多く使用しています。

それを見たお客様が、夜になった時、暗くないのか心配していました。

大丈夫ですよ!

十分明るいです♪

IMG_2199.JPG

 

ダウンライトを使用する方が、必要な所に光を配置できるので

実は省エネだったりします!

シーリングライトがダメと言う訳ではないんです。

照明の工夫はいろいろなやり方がある!と言うことです♪

ダウンライトにすると天井の中に照明が入るので

スタイリッシュになって個人的には好きです☆

また、ペンダントライトと呼ばれるものは

ちょっとオシャレなものを使うと、アクセントになり

家の雰囲気が変わりますよ♪

IMG_2201.JPG

(ハセガワさんがチラリ)

IMG_2200.JPG

夜のモデルハウスはこんな感じ。(画質が悪いですが・・・)

IMG_2197.JPG

 

外から見た時の"美しさ"も大事ですよね?

建築家の先生は内観だけでなく、外から見たときのデザインにも

こだわりを持って設計をするので、夜でもこんなにオシャレなお家になります。

たまに、『お店かと思った。』と言ってモデルハウスに

来場される方もいます。(本当です!)

まだ、モデルハウスを見たことがない方は

是非、見にいらして下さい♪

 

そして・・・・

 

 

 

 

最近、僕の席には幸せが訪れています☆

IMG_2196.JPG

腕のところにハートマークがあるのですが、分かりますか?

ブラインドからの光が漏れてハートマークになっているようです♪

これを見て、少しホッこりしました♪

みなさまにもお裾分けです☆

幸せが訪れる!?R+houseのHPはこちら

皆様、こんばんは!

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

本日は、K様邸、建築地にて、地鎮祭を行いましたよ~!

涼しい風の吹く、

良好なお天気となりましたね。(*^。^*)

0828 041.jpg

いつも元気なお子様達も一緒に。

無題1.jpg

神主さんと、巫女さんより

この土地の、未来永劫の安全をお祈りいたします。

無題6.jpg

鍬入れの儀式です。

 「えいっ えいっ えいっ!」の掛け声とともに・・・

無題7.jpg

無題3.jpg

ありがとうございました(^◇^)

無題5.jpg

お子様も一緒に、家族全員で、鍬入れをしてくださいました。

無題2.jpg

(安全に工事がすすみ、良いおうちが建ちますように。)

0828 055.jpg

0828 060.jpg

家の四方に、塩をまき清めます。

0828 057.jpg

最後は全員で記念撮影です。K様ご一家は、とても元気で、とても素敵なご家族ですので

ご近所さんたちからも皆さん大歓迎していただけると思います!

これから、着工から完成までの工事の無事を祈るとともに

その先ずっと続いていくご家族の安全、

K様ご一家がこれから先、ずっとずっと楽しく、明るい家族でいてくれるように、

心からお祈り申し上げます。

K様本日は、誠におめでとうございました。

木造住宅には断熱、吸湿性による居住の快適さや、設計の自由度など様々なメリットがありますが、その中でも特に魅力的なポイントのひとつが、リラックスできるという点です。
室内に漂う木材の香りは心身に安らぎを与えてくれます。その理由は木材に含まれているフィトンチッドという成分にあります。

フィトンチッドは樹木が空気中に発散する揮発性の香り物質で、微生物の活動を抑える目的で放出されるものですが、人間にとってはストレスを抑制する効果を期待することができます。
また、心身のリラクゼーションだけでなく、血圧の低下や作業効率の向上の作用も期待できるので、勉強や仕事に集中できる点も魅力です。

上質な木材を使用してマイホームを建てることで、森林浴に出掛けずともいつでも自宅でフィトンチッドによるリラクゼーション効果を得ることができます。
マイホーム購入の際には、立地や間取りにばかり注目してしまいがちですが、心身の健康の為には木材にこだわることも大切です。

木材の良い香りの中、家族全員が心身ともにリラックスして過ごせるマイホームを作りましょう。

N様邸 祝上棟

| コメント(0)

みなさん、こんばんは。マツムラです。

先日、北区初生町でN様邸の上棟を行いました。

その日は前日まで雨か・・・?晴れるのか・・・?と降水確率はほぼ半分半分な予報の日でした。

しかし、実際には当日は快晴っ!!

2016-08-21 07.59.52.jpg

これは朝8時の様子。大工さんが上棟に向けて着々と準備を進めていました。

毎回関心するのですが、この日の進度がとっても早いのには非常に驚きます。

2016-08-21 08.26.21.jpg

1時間もすると一階の柱が建ち終わって、奥では梁を組んでいます。

当日は日中、30度を超える猛暑の中、N様のご両親様、弟さんも関東から、ご夫婦の職場の方々まで、多くの方が駆けつけて下さいました。

2016-08-21 14.41.46.jpg

お昼近くには2階部分に取り掛かり、夕方には屋根部分も出来上がり、ほぼ家としての大きさや形を感じる事が出来ました。

ホントにN様のお家は大きく感じるお家でしたね。出来上がりがとっても楽しみなお家です。

敷地がとても広く、『自然と庭と調和する家』のコンセプトがピッタリのお家になりますよ♪

2016-08-21 17.19.36 HDR.jpg

2016-08-21 18.27.06.jpg

ゲリラ豪雨の多い時期ですので、厳重に雨仕舞をして上棟終了です。

2016-08-21 18.46.15.jpg

2016-08-21 18.46.39.jpg

少し遅い時間になってしまいましたが、上棟式も執り行い、長く楽しい一日が終わりました。

2016-08-21 19.01.00.jpg

ほぼ一日、炎天下の中、様子を見ていてくれたにもかかわらず、こんな満面の笑みを頂けて本当に良かったです。

N様、ご家族様、本当に一日有難うございました。

これまで色々とご迷惑をかけながらでしたが、おかげさまでここまで来ることが出来ました。これからも変わらぬご協力をよろしくお願い致します。

そろそろ夏も終わりですね・・・

| コメント(0)

こんばんは♪

R+houseスタッフのタカイです。

みなさん、もう9月になりますよ!

夏が早く終わらないかな~とブログに書いていたのが

つい昨日の事のようです。

日が落ちるのも若干早くなったかな・・・という気がします。

秋の音が聞こえますね♪

IMG_2162.JPG

皆さんは季節に合わせて模様替えとかしますか?

僕は、全然やりませんが、、、

インテリアに黄色やオレンジ系の色を入れると

グッと秋の感じが出ますよ♪

IMG_2166.JPG

IMG_2167.JPG

クッションカバーだけであれば、そんなにお値段もしないので

気軽にお部屋の雰囲気をチェンジできるのでは?

ぜひ、試してみてください♪

今日、車を走らせていたら、公園に変わった形の

すべり台が・・・

IMG_2165.JPG

ミシュラン・グリーンガイドに載るのでは!?

屋根裏部屋で大変なこと

| コメント(0)

屋根裏部屋というのは、隠れ家風のスペースで、リラックスするのには最適な場所だと言えるでしょう。

また、収納スペースとして活用することもできるのが便利なところです。
使用頻度の高い物は、近くにないと不便なものですが、使用頻度の低い物は近くになくても問題ありませんから、屋根裏部屋に入れておくと良いものです。

しかし、一見魅力的な屋根裏部屋にも大変なことがありますので、導入を検討している人は、そういったことも知っておくことが大切です。

まず、階段の上り下りが大変というデメリットがあります。
屋根裏部屋へと続く階段の幅が狭かったりしたら、移動しにくくなります。また、物を持って運ぶとなると、さらに移動しにくくなってしまうことでしょう。

小さいものならまだマシですが、大きいものは出し入れが大変になってしまうものです。

その上、屋根裏部屋というのは、屋根に近い分外の気温の変化の影響を受けやすいというのもデメリットと言えます。

湿気がこもりやすいという特徴もありますから、屋根裏部屋の使い方に合わせて、適切な対策をとることが大切だと言えるでしょう。

みなさま、こんばんは。

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

《お知らせ》

みなさま、

アイシングクッキーって、しっていますか~?

アイシングクッキー レッスンサンプル.jpg

これ、ぜんぶクッキーなんですよ~(*^。^*)

こんなクッキー、つくることができたら、すごいですよねー?

一度、自分でもやってみたいと思いませんか~?

    

R+house浜松中央モデルハウスでは、

少し先になりますが 9月23日(金曜日)、

『アイシングクッキー教室』を開催いたしますよ~!(^^)!

   

もちろん食べても良し、お部屋に飾ってもOK、プレゼント用にも、良いんではないでしょうか?

先生としてきてくれるのは、

浜松の、大人気・アイシングクッキー教室、 ヤミーデコ さんです♪

ヤミーデコさんのブログはこちらから 

すごくかわいいクッキーの写真がたくさん!

めちゃくちゃかわいいですよ~(^◇^)

どうぞのぞいてみてください(^◇^)

20160825223129-0001.jpg

R+house浜松中央モデルハウスでは、他にもこんなワークショップを

随時開催しているんです!

    

ご興味のある内容がありましたら

ぜひぜひ、皆様のご参加、お待ちしております~(^◇^)

無垢材の経年美化について

| コメント(0)

無垢材の美しさについてこだわりのある人は、国内に多くいるといわれており、住宅の品質にこだわりたい場合には、日ごろから正しい知識を身につけることが求められます。

特に、木造の建築については、歳月を重ねるほど「あめ色」に変化することがあり、天然木ならではのメリットを理解するにあたり、複数の情報源を活用することが大事です。

また、マツ類に含まれるヤニの成分については、住宅の品質を高めるうえで、大きな役割を果たすことが分かっており、早いうちから魅力的な物件の特徴を把握することが望ましいといえます。
このような成分の多くは、木の細胞一つ一つに染み込んでゆくことが知られていますが、それぞれの住宅の環境を向上させるうえで、専門家のスタッフに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

大手の住宅メーカーにおいては、天然の木材を用いた物件の素晴らしさについて、様々な場面で積極的なアピールが行われることがあり、定期的に住宅見学会などに足を運ぶことがおすすめです。

実際にこうした物件を購入した人の意見を聞く機会に参加してみてはいかがでしょうか。

みなさま、こんばんは。

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

    

先日・・ 世界中の楽器をあつめた

浜松楽器博物館へ、行ってきました!

開館の時以来ですので、約20年くらいぶりになるでしょうか ??

IMG_7563.jpg

  

きっかけは、

浜松の街情報フリーペーパー "ウィーラ" 

20160822190826-0002.jpg

テルミンという楽器、知っていますか~?

手を、近づけたり離したりすると

音階が無段階にかわる 電子楽器です!

   

電子楽器の 先駆けで、

ビーチ・ボーイズの曲に使われていて有名なんですよね!

テルミンが是非、見たい! さらに

  

先日、 広島から打ち合わせのためやってきた

建築家のT先生が、

一度行きたかった楽器博物館に今回行ってきたよ~、すごい楽しめた と

おっしゃっていたので(#^.^#)

音楽好きで、バンドもしているT先生がいうならば

ぜひ、近いうちに行きたいな、と、思っていたのでした\(^o^)/

  

  

結果、とっても、楽しかった です!

まず、テルミンは展示だけでなくて演奏ができる!

とても貴重な機会ですよ~!!!

私は初日に行ったのですが、

偶然ミニコンサートもやっていて、ラッキーでした。

  

テルミン のほかに 

マトリョーミン というのもあり 

↑なんと、マトリョーシカ の中に、 ミニテルミンがはいっており・・・

(なぜ マトリョーシカ?と思いましたが テルミンはロシア発祥だそうです)

マトリョーシカに手を

近づけ 離したりして、音程を調節するんですよ~っつ♪♪

空中に一本、玄が浮いているようなイメージで・・・

空中で手を動かし、、はたから見ると、結構変な感じです。

   

ドレミファソラシドーの音を出すのにも、難しいようで意外と簡単だったり・・

音程は正確ではありませんが、それが、テルミンという楽器の持ち味ですね~

マトリョミン体験、  

非常に楽しかったです。

マトリョミンは、販売もしており、アマゾンで約5万円前後です!

これは近いうちに、本気で買いたいです!

いろいろ検索したら・・

マトリョミンではなく、普通のミニテルミンも、5万円前後で売っていたり・・

安価な自作セットがあったり、すごいです!

でも、かわいいからマトリョーミンかな~

というのが今のところです。

さてさて、他の展示も

とにかく数がすごい!みたことない!知っている!

懐かしい!珍しい!派手!

楽しい!知識がすごい!音も聞ける!

とにかくすごい充実です。 

演奏できるコーナーもちらほらあり、

   

体験コーナーではみなさん親子連れも多く、

いろんな楽器を自由に触っていました!

IMG_7559.jpg

IMG_7561.jpg

ベートーベンの像がひっそりと・・・

  

テルミンの展示は、8/31日までと、まだ、間に合いますよ~

本当に、おすすめですよ。

私も、ウィーラを見て、良かったです(#^.^#)

   

そんなウィーラの9月号には

20160822190826-0001.jpg

R+house のモデルハウスで開催!

ワークショップのお知らせが(^v^)

☆アロマストーン体験レッスン

☆造花でつくる花のオブジェ

☆ワンちゃんのしつけとケアの教室

☆ヨガ教室

☆アイシングクッキー教室

  楽しく学べる体験レッスン満載です。みなさま是非、ウィーラ 9月号、

チェックしてくださいね~\(^o^)/

カウンターキッチンの魅力

| コメント(0)

お気に入りの住まいづくりをしたいと思った場合に、キッチンの環境にこだわっておきたいと考える人もいるでしょう。

キッチンはタイプによって利用のしやすさが違いますから、生活スタイルに合ったタイプを選択することが大切だと言えます。

例えば、カウンターキッチンにするという方法がありますが、このタイプの良いところは、食事を完成後すぐに出せるところです。
カウンター部分に置くことで、いちいち回りこんでテーブルに持って行く必要がなくなります。

これなら、家族が多い場合やパーティーなどをやってメニューが多い時でも、負担を軽減させられて良いのではないでしょうか。
また、出すのが楽というのは、同時に片付けるのが楽ということでもあります。
カウンターの所に空いたお皿を載せていけば、キッチン側からすぐに処理できるものです。

さらにカウンターキッチンの良いところは、お子様の様子を見ながら調理できることです。
特に小さなお子様がいる場合、様子が気になることもあるでしょう。

また、視覚的にリビングが広く見えるというのもメリットの一つです。

ただし、料理の種類によってはリビングににおいが伝わりやすく、しばらくにおいがこもってしまうので注意が必要です。

自然を満喫☆

| コメント(0)

みなさん、お久しぶりです!

R+houseスタッフのタカイです♪

お盆休みはいかがでしたでしょうか?

まだお休みの方もいれば、休みがなかった方も

いらっしゃると思います。

僕は、毎日BBQでした。

ひたすらお肉を食べていたせいか、いつもよりお腹がヤバイことに・・・。

そこで、久しぶりにジョギング♪

やはり、浜北は良い所です。

数分走っただけでこの光景。

IMG_2067.JPG

さらに数分走ると・・・

IMG_2064.JPG

IMG_2065.JPG

自宅から10分程度走っただけで、こんなに自然が広がります。

街中の交通のアクセスが良い所もステキですが

浜松にはこういった風景を身近に楽しめる場所もあります!

周りに何も無い所に、オシャレな家が建っていると

お店みたいでとてもカッコいいですよ!

自然と共に暮らすR+houseのHPはこちら

木目調によるリラックス効果

| コメント(0)

住まいというのは、リラックスできる場所でなければならないと考える人は多いでしょう。仕事から疲れて帰ってきても、落ち着いて背色々できないような環境では、疲れがとれないものです。

生活の中にリラックス効果を取り入れる方法というのは色々とあるものですが、覚えておくと良いのが、木目調の造りにするというものです。

木目調というのは、冷たい印象を抑え、あたたかい印象を与えることができるのが魅力です。

また、自然現象で見られる「1/fゆらぎ」による癒し効果を得られるというのも魅力的なところだと言えます。
木目調というのは、一見すると不規則な印象を受けることもありますが、この不規則さがぬくもりにつながることがあるのです。

リラックス効果がある場所と言えば、山や海辺などの自然界ですが、自然界にしか作れない不規則なリズムというものがあります。
つまり、木目調というのは、そういったリズムを連想させることができるわけです。

生活の中に自然界の要素を取り入れるには、観葉植物を置く方法もありますが、こういった方法も意識しておくと良いでしょう。

こんにちは☆彡

スタッフ ハセガワです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

夏真っ盛り!オリンピックもメダルラッシュで盛り上がってます!

高校野球も終盤戦!!(V)o¥o(V)

TVの向こうの雄姿に、元気をもらう今日この頃です。

 

私も、この夏から糖質OFFダイエットに挑戦中です!

(; ・`д・´) 開始して約1週間・・・これほどまでに甘いものが恋しく

なるとは思ってもいませんでした!(;一_一)

早速、挫折しそうです・・・(笑)

 

この夏休み、何か新しい事始めた方もいらっしゃるかと思います。

お子さんの夏休みも もうすぐ終わりですね。

そんな夏の思い出づくりの一つにモデルハウスでまた、

ワークショップ~クリエ~を開催します。

9月号ウィーラ.jpg

  ◆8月25日  造花でつくるお花のアレンジ教室

         お子様向けの簡単お花のアレンジ体験講座です!

         大人にはないお子様の自由な発想を生かしてアレンジを作ります!

         夏休みの思い出の一つに!

  ◆8月27日  アロマハイストーン体験Lesson

         ワークショップ~クリエ~でも毎回人気の講座です!

         アロマストーンを硬化させる間にポーセラーツで受け皿の作成も

         行います! 申込は是非お早めに!!

9月のワークショップ~クリエ~ 開催予定です。

  ◆9月8日・・・ワンちゃんのしつけとケア講座

  ◆9月16日・・・ヨガ教室

  ◆9月23日・・・アイシングクッキー教室

まだまだ、参加受付中です!

R+houseのHPはこちら

みなさま、こんにちは!

R+house浜松中央、スタッフの八木です(^v^)

私たちR+house 浜松中央モデルハウスは

お盆休暇も明け、

本日より  ☆オープン☆ しています。

本日は・・・

使いやすいキッチンについて!!

というテーマで書かせていただきますー(^v^)

キッチンは、色や、素材や、機能もいろいろなのですが

形、レイアウトも大きくいくつかに、分かれるんですよね。

レイアウトによって、大きく影響されるのが、

家事の動線です!

_OSD8172.jpg

モデルハウスの アイランドキッチン です!

アイランドキッチン=どの方向にも壁がありませんので

まわりをぐるぐると回遊できるのが、大きなポイント!

開放的で、リビング等との一体感があります。

その反面、お客様から聞いた話ですが

「小さな子が入ってくるから柵を付けたい」

という時は、両方に必要になってしまいますね(゜o゜)

ポポラートキッチン.png

上の写真のように、片側が壁に付いているのが ペニンシュラ(半島)型 キッチンですね。

動線は片側に限定されますが、上の写真のようにコンロとシンクが対面に配置されていれば、

動線は短い距離で済みそうですね。

1S_03_(TN117)_011.jpg

上の写真は、キッチンのワークトップと、ダイニングテーブルが一体化した ポポラート型 

さらに壁がないのでアイランド型の キッチン ですね。

調理スペースから、配膳をする動線が最短距離になりますので、

準備も片づけも、楽ですよね~(^v^)

1B_08_(TN688)_072.jpg

また、上の写真のように、キッチンとカウンタースペースをずらした、おしゃれ かつ使い勝手も考えられた魅せるキッチン!(^v^)

このようにキッチン・ダイニングの配置はまさに 

自由自在 なんですよ。

そして、使いやすい配置、自分に合う配置は、人それぞれ!

あらかじめ、どんな配置が自分に合うか、

考えておいても良いと思います!

そこで重要なことは、

キッチンで料理をしながら、何がしたいのか?ということですね。

キッチンから・・

家族と話がしたい、

庭の景色が見たい、

とにかく使い勝手を良くして料理に集中したい、

などなど、

それぞれの理想の暮らし方に合わせたキッチンを

無限の可能性のある配置の中から

プランしてくれるのが、

R+houseのアトリエ建築家 なんです!

アトリエ建築家の提案は

キッチンだけではなく家全体に及ぶのですがキッチンは特に!重要 ですよね!(^^)!

   

ちなみに私の理想のキッチンは・・・

家事同線を優先!

L型のキッチンでダイニングテーブルをすぐ隣に配置!

3方向、作業スペースです(^◇^)

最小限の動きで(^◇^)いいですね

色はエメラルドグリーンで・・

夢がふくらみます\(^o^)/

IMG_7634.JPG

土間のある家づくり

| コメント(0)

土間というのは、床を張らずに土足で歩くように作ったスペースの事です。
昔の家にもあった土間を現代っぽくオシャレな空間にして現代の家の中にも取り入れているのをご存知でしょうか。

土間は、家の中にありながら土足で行き来でき、多少汚れても大丈夫な場所です。
そのため、ロードバイクなどの自転車を屋内に置いて趣味のスペースにしてもいいのではないでしょうか。ロードバイクの整備をするのにも土間なら快適に行うことができるでしょう。
また、ペットのゲージを置くスペースにしてもいいかもしれません。

土間は、その家に住まう人によって、どんな風にも使うことができる趣味のスペースにも快適空間にもなり得るスペースです。
床を張らずに土足で歩く、オシャレな空間にすることも可能です。

​汚れることを気にすることなく、自分の趣味やペットの世話ができ、天候にも左右されることのないスペースが、土間です。
また、玄関に土間を作ることによって、玄関スペースを広く設計することもできるようになります。

​昔の趣を感じつつおしゃれな空間を作ることのできる土間を作ってみてはいかがでしょうか。

木材による調湿効果について

| コメント(0)

木材を家に使うことにはいろいろなメリットがありますが、その中でも調湿効果はとても大きなメリットと言えます。

木材には、湿度を調整する機能が備わっていることをご存知ですか。
木材は湿度が高くなると湿気を吸収してくれるのです。
それだけでなく、逆に湿度が低くなると湿気を放出してくれる機能も持っているのです。

これは、木の主成分となっているセルロースというものの中に、水分子を引き寄せる水酸基という部分があり、それが水分を取り込んだり放出したりしているために起こる現象です。
つまり、木材は湿気を吸ったり吐いたり、まるで呼吸するようにして湿度を調節してくれているのです。

そのため、木材を使った家の中では、湿度が高すぎたり低すぎたりすることがなくなり、とても心地よく過ごすことができるのです。
加えて、木材はとても熱伝導率が低いために外気の暑さや寒さもやわらげてくれる性質も備えています。
その結果、家に木材を使うことによって、エアコンなどに頼る度合いが少なくてすむのです。

つまり木材を使うことによって経済的にも、環境保護という視点からも、やさしい家にすることができると言えるでしょう。

家を建てる際に間取りを考える中で、意外と重要になるのが「階段の位置」です。

今回紹介したいのは、「リビング階段」のメリットデメリットです。

リビング階段のメリットとしてまず挙げられるのが、コミュニケーションの機会が増えるという点です。2階に行くために必ずリビングを通るようになるので、自然と顔を合わせることになり会話も増えます。
特に子供部屋が2階にあるような間取りの場合は、帰ってきた子供が必ずリビングを通るようになるので、親の目が届きやすいというメリットにつながります。

そしてもう一つのメリットが、視覚効果で部屋が広く感じられるという点です。

吹き抜けとも相性が良いので、より部屋を広く感じさせたいという人にはリビング階段と吹き抜けの組み合わせがおすすめです。

一方、リビング階段もメリットばかりではありません。

デメリットとして大きいのは、冷暖房の効率が落ちるということです。
しかしこの点は、家自体の気密性や断熱性、空気の流れをよく考えた間取りにすることで、多くの場合解決することが可能です。

家を建てる際にはリビング階段を検討してみてはどうでしょうか。

こんにちは。

R+house浜松中央店のマツムラです。

20160812213924-0001.jpg

9月4日 クリエート浜松にて『後悔しないための 賢い家づくり勉強会』が開催されます。

もうすぐ20回を数える大好評の勉強会です!

今まさに家づくりの真っ最中の方から、いつかマイホームを建てたいと思われている方まで、知っておいて

得はあるけど、損はないお話しが満載です。

IMG_2142.JPG

この勉強会を聞いた方と聞かなかった方では、きっと家づくりの進み方が全く違った方向に進んでしまいます。

ぜひこの勉強会で、後悔しない家づくりの方法を知ってみませんか?

駐車場無料とケーキ&ドリンク付きの特典盛りだくさんの教室です!

スタッフ一同、ご参加お待ちしておりますね。

家づくり勉強会のご予約は→こちら

IMG_7406.JPG

無垢材からあたたかみを感じると良く言いますが、それはいったいなぜなのでしょうか。

​今回は、無垢材からあたたかみを感じる理由を2つ紹介したいと思います。

まず1つは、熱伝導の関係です。
実は、無垢材から温かみを感じるのは、熱伝導率が大きく関係していると言われています。木材の中はパイプ状の細胞で埋めつくされており、そのパイプ状の細胞の中に空気をたくさん含んでいるからです。

空気は熱伝導率が低いため、気温が低くても空気を細胞の中に多く含んだ木材はそれほど冷たく感じることはありません。
こういったことから、無垢材から温かみを感じるのかもしれません。

2つ目は、無垢材の見た目です。
世界に2つとして同じもののない無垢材は存在感があります。
天然のものが持つ特有の存在感が、我々に癒しを与え温かみを感じさせるのかもしれません。

​この2つが、無垢材からあたたかみを感じる大きな理由と言うことができるでしょう。
その他にも様々な要因が重なって無垢材からあたたかみを感じることができるのです。
​ぜひ、温かみを感じることができる無垢材を家に使ってみませんか?

みなさま、こんにちは。

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

_D3S7101.jpg

《お知らせ》

R+house浜松中央モデルハウス、夏季休暇の

お知らせをさせていただきます。

  

8/13(土)~17(水)の5日間、

モデルハウスは休館とさせていただきます。

毎日暑いですが

みなさま よい夏を、お過ごしくださいませ。

住宅瑕疵担保責任保険ってなに?

| コメント(0)

出来上がった新築住宅は、必ずしも完璧な仕上がりだとは限りません。

場合によっては、瑕疵、つまり建築上の欠陥があるケースも考えられるのです。

瑕疵があった場合は、通常は新築施工した業者に補修義務があります。

しかし依頼した住宅施工業者が、ずっと存続しているとは限りません。

住宅の瑕疵は住んですぐに判明するとは限らず、数年住んで時間が経過してから見つかる事もあるのです。

その時に施工をした建築業者がなくなっていた場合は、修繕をさせる事ができません。

こうしたせっかくのマイホームにもしものことがあった時に、守ってくれる保険が住宅瑕疵担保責任保険なのです。

これは新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に、保険金が支払われる制度です。

従ってもし施工業者が瑕疵を発見した時点で、必要な補修を行う財力がなくなっていた場合でも保険から費用がでますので、修繕を行う事ができるのです。

また仮に業者が倒産などで無くなっていた場合でも、修繕費用を保険協会に請求ができますので修繕が可能です。

施工業者の保険加入状況については、契約書面などをよく確認する事が必要です。

コレクションがまた1つ♪

| コメント(0)

みなさん、こんばんは!

R+houseスタッフのタカイです♪

今日の浜松は暑かったですね・・・。

車の温度計を見たら36度ありました。

全国的にも猛暑だったのではないでしょうか?

R+houseスタッフ一同からの願いです。

『神様、もう少し涼しくして下さい。』

さて、今日のブログはこれ!

IMG_1942.JPG

ん?

何でしょう・・・。

IMG_1943.JPG

分かりますかね?

IMG_1944.JPG

じゃーん!!

『エッグチェア』

ついに手に入れました♪

ブログを読んでくれている皆さまならご存知かと思いますが

ただ今、イスを集めております!!

(おもちゃですが・・・)

本当は赤色のエッグチェアが欲しかったのですが

売り切れで、いつまでたっても入荷しないので

痺れを切らし、黒色のエッグチェアを購入♪

やっぱり手元に届くと興奮しますね!

このエッグチェアは"アルネ・ヤコブセン"という建築家が

デザインしたデザイナーズチェアです。

IMG_1947.JPG

1958年に作られたイスなんですって!

何年前だ?

58年前ですね。

ヤコブセンさんセンスありますね~

本当に良い物は長い時がたっても

ずっと良い物であり続けるんですよね♪

IMG_1945.JPG

コレクションが増えました♪

この前のニュースで"ル・コルビュジェ"が設計した

国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されていましたね♪

次に狙うは『シェーズロング』だな!!

R+house浜松中央店のモデルハウスにも

デザイナーズチェアが置かれているのでインテリアの参考にも

してみてくださいね☆ミ

R+house浜松中央のHPはこちら

あ、

部屋のブラインド交換しました!

IMG_1946.JPG

それでは♪

ロフトのある生活〜デメリット〜

| コメント(0)

ロフトは人気がある設備でもあるのですが、しかし一方でデメリットもありますし、デメリットを知らなかったゆえに失敗したと感じてしまうケース少なくありません。

デメリットは冷暖房の効率が下がることです。

循環が悪かったりしますので、冷えにくかったり暖まりにくかったりするのです。

ですから冬場は寒くて睡眠の際に不便を感じたり、夏場は反対に暑くなってしまうこともあります。

結果的にロフトでは生活がしにくくなって物置になるようなこともあります。

子供が落ちると危険なのもデメリットです。

子供の場合はうっかり落ちてしまう恐れもありますので、親御さんの方で安全性について考えてみる必要があります。

わざわざ登って掃除をするのが面倒なのもデメリット。

基本的にははしごを登って上がることになりますが、掃除機を移動させるのも一苦労だったりするものです。

しかもスペースが狭かったりすると、立ち上がることも難しく作業をするのも大変だったりします。

こうしたデメリットの一方でもちろんメリットもあるのですが、しかしながらデメリットを大きく感じると不便な存在にもなりますから良し悪しを考えてみましょう。

みなさま、こんにちは!

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

先日・・・ココに いってきました~!

20130703123300_2.jpg

IMG_7548.jpg

中区 佐藤 の たこまんの横のパン屋さん、ガレージ ベーカリーアンドコーヒー !!

このお店、すごく人気で きっとすごく有名なんですね!

先日、お客様から

ここのパン屋さんの雰囲気、内装がすごく好きなんですよ~・・・・と教えて頂いたので

行ってみたらすごい人気!!!

お客さんでいっぱいでした(゜o゜)

IMG_7524.jpg

IMG_7531.jpg

本物の木と、アイアンの組み合わせ!

そしてグリーンと照明器具のバランス!雰囲気、いいですね~

こんなカフェのようなおうちができたら最高です!

ランチを食べていきたかったですが、

ちょっと時間がなかったので断念(゜o゜)また今度の、お楽しみです☆

ロフトのある生活〜メリット〜

| コメント(0)

部屋の中にロフトがあるのは、開放感が出るようになりますので、間取りを考えるときにはロフトを考えていくといいでしょう。

狭い部屋だとしても開放感が出ることによって、本来の広さよりも狭い部屋も広く感じることが出来ますので、圧迫感を感じることもなく生活していくことが出来ます。

ロフトがあれば、収納に使えるのもメリットになるでしょう。

部屋の中に荷物を置きっぱなしにしていれば、部屋が狭く感じる原因になります。

しかしロフトに荷物を収納しておけば、部屋の中が散らかることもなく、広く使うことが出来るでしょう。

誰かが遊びに来た時でも、とりあえずロフトに荷物を収納するようにしておけば、散らかっているのもばれずにすみます。

ロフトは収納として使うだけではなく、寝室としての使用も可能です。

ロフトで寝るようにすれば、部屋の中にベッドを置くスペースがなくても問題ありません。

ベッドを使用しなかったとしても、布団を敷くスペースがない場合にもロフトで寝れば布団を敷く場所を確保する必要はないですので、ロフトを活用するといいでしょう。

みなさん、こんばんは!

R+houseスタッフのタカイです♪

今日の勉強会は『新築』と『リフォーム』の

豪華二本立てで行いました!

IMG_1913.JPG

IMG_1912.JPG

IMG_1922.JPG

IMG_1919.JPG

やはり、お客様から一番多く聞く言葉が・・・

『たくさんある住宅会社の中で、どこを選んだらいいか分からん!』

この言葉をよく耳にします。

そうだと思います。

建築関係の人でなければ、住宅会社を見極めるのは難しいかと思います。

家づくりの為に、転職して建築関係の仕事に就くわけにもいきませんし・・・。

だからこそ!

そういった人達のために!

この勉強会があるのです。

これから住宅を建てる際に、必ず確認しなければ

いけないことがあります。

適当に確認もせず、住宅会社を選んでしまうと

夢のマイホームが、後悔のマイホームになってしまいます。

家づくりをスタートする時は、少しだけお勉強をして

住宅会社を見極める知識を身につけてから

始めることをオススメします。

また、今回の勉強会から新しいコーナーが誕生!

『R+houseタウン』

IMG_1914.JPG

竣工した物件やこれから着工する物件などの模型を展示!

皆さん、興味心身でいろんなお家を見ていました♪

次回は、もっと模型の数を増やしたいと思います!

楽しみにしてて下さい☆

R+houseのHPはこちら

みなさま、こんばんは。

R+house浜松中央、スタッフの八木です。

≪お知らせ≫

明日、8月6日は、

13:30より、中区幸 あいホール にて

『後悔しないための 賢い家づくり勉強会』 を、開催します!

20160623160204-0001.jpg

この勉強会は、

名前の通り 後悔しないために、

家を建てる前に

是非!必ず!知っておきたい、本当に本当に 必見 の内容です。

例えば・・

『坪単価、安い家と高い家があるのはなぜ?』

『家の性能って、何をみればわかるのか?』

『家の性能が、健康に影響を与える!?』

『家にも 車みたいに 燃費 がある?』

・・・ほか、個別の質問も大歓迎です。

講師は、

住宅コンサルティング専門会社、

Hyas & Co の北島先生です。

0628-thumb-320x204-1881.jpg

北島先生は

地場の中小工務店から、大手のハウスメーカーまで

様々な住宅会社のコンサルティングを手掛けててきた経験があり、

まさに、住宅業界の、表も、裏も見てきた先生です!

勉強会の終了後、

みなさまが個別に、いろいろご相談されている姿も、おみかけします。

20160623160215-0001.jpg

なんと、参加費無料!

さらに、駐車場無料サービス、また、同じあいホール内で無料託児サービスもご用意しています!(^v^)

家づくり、興味があるけど 何から始めてよいかわからない・・

そんなみなさま、この機会に一度足を運ばれてみては、いかがでしょうか?

明日は、当日参加、飛び込み参加もOKですよ。

気になる方、どうぞ

お気軽なご参加を、お待ちしております。

地震に対する備え。

| コメント(0)

みなさん、こんばんは!

R+houseスタッフのタカイです♪

先日、テレビを見ていたら地震の誤報が

ニュースを騒がしていましたね。

IMG_1865.JPG

確かにこれは恐い・・・。

いくら誤報と言えどゾッとしますね。

でも、地震って急に起こるものですから

本当に地震が起きててもおかしくなかったんですよね。

みなさん、地震への対策はちゃんと行っていますか?

地震速報にいち早く気付き、外に出ようとして

その途中で家具の下敷きに・・・。

なんてケースも少なくありません。

IMG_1866.JPG

IMG_1867.JPG

今では、ホームセンターなどでも地震対策グッツがお安く購入できます!

ちょっとした事が自分の身を守りますよ。

また、新築をご検討の際は、必ず耐震等級を確認して下さい!

R+houseでは耐震等級3+全棟構造計算を実施しています。

耐震等級3のお家を建てている住宅会社さんはたくさんいますが

構造計算までやっている会社は、あまりいないんですよ。

(構造の専門家しかできないので・・・。)

この前の地震で被害にあった熊本にもR+houseの加盟店さんが

いらっしゃいます。

あの地震でR+houseのお家がどうなったか?

それは、今度のブログでお伝えしますね♪

建蔽率と容積率とは?

| コメント(0)

家を建てる際には、色々なことを知っておく必要がありますが、必ず押さえておきたいことに建蔽率と容積率が挙げられます。

まず建蔽率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。

つまり、100平方メートルの敷地があったとして、その半分である50平方メートルに建物が建てられている場合には、50%ということになります。

そして、容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合のことを指します。

一戸建てというのは、2階建ての構造になっていることが多いですが、100平方メートルの敷地に、1階と2階共に50平方メートルの家があれば、その容積率は100%ということになります。

もちろん、数字が変わっても考え方は同じで、1階が60平方メートル、2階が40平方メートルでも容積率は100%となります。

ちなみに、これら二つによって立てられる住宅に制限が出てくるので注意しておく必要があるのです。

なお、緩和規定というのが設けられており、バルコニー算入しないなど、色々と決まりがありますから、そういったことも踏まえながら考えていくことが大切です。

輸入住宅とは?

| コメント(0)

日本でデザインされた家も素敵ですが、海外でデザインされている住宅も日本とは違った雰囲気があり素敵です。

輸入住宅とは、海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅のことを指しています。

輸入住宅であれば、輸入ならではのデザイン性の高さを楽しめるようになりますので、海外のデザインの住宅にあこがれている人にとっては、輸入住宅の家で暮らしたいと思っているはずです。

しかし輸入住宅に暮らすとなると、合うインテリアを探すのが大変です。

インテリアがマッチしていなければ、せっかくおしゃれな輸入住宅だとしても無駄になってしまいます。

インテリアとマッチしてこそ輸入住宅の良さが生かされていくようになりますので、時間をかけて合うインテリアを探していかなくてはなりません。

輸入住宅を建てる場合には、周囲の家とのバランスも大事にしていった方がいいでしょう。

和風な家ばかりが建っている地域に輸入住宅を建ててしまうと、一軒だけ浮いた感じになりますので、近所の人からも浮いた存在になってもいけません。

インスタグラム始めました♪

| コメント(0)

みなさん、こんばんは!

R+houseスタッフのタカイです♪

R+house浜松中央店もついに・・・

インスタグラム始めました!!

IMG_1810.JPG

インスタグラムはやった事がなかったので

操作に四苦八苦しましたが、なんとか形になりました☆

昨日、浜松中央店のモデルハウスの写真を

少しアップしてみたら・・・。

IMG_1818.JPG

すぐに反応が!!

その後も写真をいくつかアップしてみたら・・・

IMG_1819.JPG

IMG_1820.JPG

IMG_1821.JPG

IMG_1822.JPG

『イイネ』がたくさん!

モデルハウスの土間スペースが一番人気でした♪

モデルハウスや施工現場、イベントやクリエなど

いろいろな写真をアップしていきますので

フォローお待ちしております☆

#アールプラスハウス浜松中央店

インスタグラムはタカイが担当しております。

『写真の撮り方下手すぎ!』というクレームは受け付けません。

撮影技術の向上も楽しみの一つとして見て下さい♪

インスタでも『イイネ』がたくさんのR+house浜松中央店のHPはこちら

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13