こんにちは!
R+house浜松中央です。

5/11(土)・5/12(日)に、産業展示館で住宅フェスティバルのイベントがありました!!^^

2019051311.jpg

R+houseのブースでは、建築家の方々の施工事例を展示!!

来てくれた小さなお子様たちのためには積み木遊びのイベントも開催しました!!!^^

201905133.jpg

ブースにはたくさんのちびっこたちが遊びに来てくれて、2日間大盛り上がりでした!!!

201905132.jpg

会場では、そのほかイベント盛りだくさん♪

プリキュアショーやアンパンマンショー、ドクターイエローも大盛況でした!!!

201905134.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にたくさんのご来場をいただきましてありがとうございました!!

thanks.jpg

<お問合せ先はこちら>

西遠建設アールプラスハウス浜松中央 

TEL 053-425-1811 までお電話ください。

お待ちしております。

◆建築家のかたと打ち合わせ!

| コメント(0)

こんにちは!
R+house浜松中央です。

R+houseの特徴は、なんと言っても「建築家と一緒に建てる家」です!!

日曜日に建築家打ち合わせがあったので、その時の様子をご紹介します^^

今回担当してくださるのは藤本先生です!!



▼実際に建てる土地へ訪問している様子です!

近隣の住宅の様子、近くの交通量、日当たりなど実際に見て、土地を最大限に活かした家造りをしてくださいます!!

201904251.jpg

 

 201904252.jpg

 

建築家と一緒に建てる家がR+houseの特徴です!

良いプランが完成するのが楽しみです^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お問合せ先はこちら>

西遠建設アールプラスハウス浜松中央

TEL 053-425-1811 までお電話ください。

お待ちしております。

こんにちは!

今日は、おうちをご購入後の
充実のアフターサポート「家価値60年サポート」のご案内です。
あなたの大切なおうちを、ずっと快適に、ずっと安心に。

新しいおうちに住んだときのワクワク感、
便利で快適な生活ができる安心感がいつまでも続くように、
充実のアフターサポートで、おうちの体調管理をサポートします。

 

①長期修繕(メンテナンス)計画作成

永く快適な暮らしを続けるために、維持・管理計画を立てる必要があります。
お引渡しするおうちに合わせた、60年間の長期修繕計画を作成してお渡しするサービスです。
実際の点検やメンテナンス情報の管理・更新も行います。
作製した計画に従って適切なタイミングで補修をして安心に暮らせる住環境を維持していきましょう。

201904221.jpg

 

②住宅履歴管理・更新

住宅履歴や長期修繕(メンテナンス)計画も、定期点検報告書も、全ての情報を専用システムで一元管理。

201904222.jpg

 

③第三者機関による定期点検+アフターメンテナンス

おうちの状況を確認するために定期的に点検にお伺いします。
安心の第三者機関による点検です。

201904223.jpg

 

④新築時の防蟻工事・保証付き!

おうちの大敵であるシロアリからおうちを守るために行う工事と保障サービスです。
日本長期住宅メンテナンスの組合員(防蟻工事会社)が工事を行います。
防蟻工事の再施行をすると5年保障が延長します。
5年ごとに点検・防蟻処理をし、建物の安全性を保ちましょう。
・<保障期間>5年(施行日から5年)
・<保証限度額>500万円(施行日から5年)

⑤万が一のときのセーフティネット

「住宅会社倒産時のサポート継続サービス」

万が一、新築住宅を施工した住宅会社が倒産した場合でも、
継続して第三者機関が定期点検とおうちのサポートを実施します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お問合せ先はこちら>

西遠建設アールプラスハウス浜松中央

TEL 053-425-1811 までお電話ください。

お待ちしております。

みなさん、こんにちは。

今日から新年度。気持ち新たに本年度も頑張って参りましょう!

今日はいよいよ新元号が発表されましたね♪

巷の噂では「和」という漢字を使ったものではないか?という予想だったらしいですけど、

見事に当たったようですね~。みなさんはどんな元号を想像していましたか?

さて、今日は先日焼津のK様邸の様子をお届け致します。

焼津 亀山邸2.jpg

いかがですか~。立派なお宅になりそうな予感ですね。

焼津 亀山邸1.jpg

さて、これは。。。と言いますと。

大工さん、ハイチーズ!ではなくて、大工さんが柱と柱に入れているもの!

焼津 亀山邸3.jpg

近くでど~ん!(ちょっと横になっていますが。。。)

これは、何かといいますと。

噂の『Rパネル』というものです。

この一見シンプルなパネル。実はとっても優れもの。

これは外部に面した柱の間に敷き詰める外装パネルなのですが、このパネルに秘密があります。

この写真では解りずらいのですが、あの白い部分が硬質ウレタンフォームという素材でできています。

なんと厚みは8センチ!

断熱材はグラスウールと耳にしたこともあると思うのですが、それと比較すると約2倍の断熱効果があるんです。

すごいですよね!

さらにそれだけではなく、時間の経過とともに湿気を含みしぼむことも、

柱とともに腐ってしまうこともありません。

さすが、高気密高断熱にこだわるアールプラスハウスですよね♪

長年住む家なので、なるべく性能を落とさずいつまでも暖かく涼しいおうちを少しでも長く保ちたい!

そんな願いを叶えるのがこのRパネルです♪

なかなか見る機会も少ないのですが、モデルハウスには見本がありますので是非見てみてください♪

地縄を張りました!

| コメント(0)

みなさん、こんにちは。

今日は地縄を張るお話をしようと思います。

「地縄ってなに?」とお思いだと思いますので、簡単にご説明を。。。

建物が敷地に対してどのように建てられるのか確認する作業です。

実際に建てものの大きさなどを設計図でみて、同じ寸法の縄を家のカタチ通りに縄を張ります。

張った縄を見てもらいながら、お施主様と大体こんな感じに家が建ちますよ~という説明を

現場監督がします。

その地縄張りを、ワタクシが監督と一緒にやってきました。

縄張りました1.JPG

地縄張りセット♪

縄張りました2.jpg

釘を固定することを考えて、0地点は2本目の釘の場所となる。

こんなスケールがあるとは知りませんでした。(ど素人^^;)

縄貼りました6.JPG

監督の大石さんが図面通りに長さを測ります!

縄貼りました5.JPG

ひたすら正確に測る!

縄貼りました3.JPG

ワタクシと言えば、言われるがまま0地点を死守!!!!

縄貼りました7.jpg

測定した釘の部分に、紐を渡してくくりつけていきます。

縄貼りました8.jpg

少し見えにくのですが、地縄張り完成です!

四角のお家ではなかったので、なかなか時間がかかりましたが、

普段、監督の大石さんはこの作業を一人でこなしているそうなので

監督ってなんでも自分で出来るんだな~と当たり前に感動しました。

げんのう(トンカチのようなもの)で釘を打ったとき、下が堅い石があって苦労しましたが

それを避けるように釘を3か所くらいに打つ、という小技なども見せてもらい

終始感心しながら一緒に縄を張らせてもらいました。

現場監督の大石さんは現場監督歴も長く、質問したことには何でもすぐに答えてくれます。

わからないことないんじゃないかな~と密かに思ってますが、もしみなさんも現場監督に

会う機会があればいろんなことを聞いてみてください(^^)

分かりやすく丁寧におしえてくれますよ♪

それでは、次回は今回地縄を張らせていただいた土地のお施主様の

【地鎮祭!】の巻をお送りします。

お楽しみに(^^)

タイルを貼りました♪

| コメント(0)

みなさん、こんにちは。

朝は雨がパラパラと降っていた南区ですが、今は青空が見えてきました(^^)

さて、職人さんシリーズ(勝手に名づけました)でお送りしているブログですが、

今日は【タイルを貼る!】の巻です♪

さっそくお伝えしていきますね(^^)

職人さんはこの方!

タイル貼ります3.jpg

監督の大石さんとお話するYさん。

西遠建設でお家を建てていた時代からお付き合いがあるYさんです。

タイルのことならお任せ!で長年丁寧にお仕事をしてくれている職人さんです。

まずは玄関のタイルから。。。

タイル貼ります1.jpg

玄関では良く見る光景だと思いますが、このタイルをまっすぐ綺麗に並べ、

目地を入れる作業は職人技が光るのです!

Yさんによれば、

タイルはどれも同じように見えるが、形が微妙に違ったり、

焼き物だから反ったりしているものもあって、それを均一にまっすぐ美しく見えるように

揃えるのは至難の業だそうです。

そういって見せてくれたタイルは形が揃っているように見えても少しずつ違っています。

出来上がった玄関はまっすぐピタッと美しく整然と並んでいますね。

タイル貼ります2.jpg

う、美しい~。

Yさん、さすがです!

さて、お次は。。。

タイル貼ります4.jpg

洗面所の前のタイルです。こちらは後程洗面ボウルが前に設置されます。

この作業は、ボンドで仮固定したタイルに目地材(めじざい)を入れていきます。

目地とはタイルとタイルの継ぎ目の部分を言いますが、タイルをしっかりと固定するために

そこへ目地材を入れていきます。

今回Yさんにはその様子を見せていただきました。

タイル貼ります5.jpg

タイルは通常シートに張り付いています。そのシートになったものを

現場でちょうど良い大きさにカットして、ボンドで貼り付けていきます。

貼り付けるボンドも外用と中用と分かれているそうです。

ちなみに、ピッタリと寸法通りにいくタイルはなく、隅のほうは職人さんが

ひとつひとつカットして貼り付けているそうです。

写真のように、シートを剥がすときはお水を含ませると簡単に取れるようになっているそうです。

タイル貼ります6.JPG

さて、次はいよいよ目地材を入れていきます。

この目地材にも色があって、今回は白を使います。

余談ですがYさん曰く、グレーが一番使い勝手がいいな。だそうです(^^)

タイル貼ります8.jpg

Yさんはサッとテンポよく塗っていきますが、実はコツがいるそうです。

強く塗り込んでしまうと、下のタイルがズレてしまうので、適度な力で

リズム良く塗っていくのが難しいそうです。

この作業は1回でもいいそうなのですが、Yさんは必ず2回は塗り込むそうです。

タイル貼ります10.jpg

塗った直後はこんな感じになっています。

タイル貼ります11.jpg

そのあと、余分についた目地材を濡れたスポンジで優しくふき取っていきます。

ここでも、力加減が重要で、優しすぎず、強すぎず、絶妙な力で拭き取らないと

せっかく埋め込んだ目地材が取れてしまうそうです。

タイル貼ります13.jpg

綺麗にふき取った直後になります。すでにこの時点で綺麗ですよね♪

Yさんはきちんと均一になっているか、目地の部分に気泡や穴があいてないかを

確認していました。

そして、完成したのが、こちら!

水栓が取り付けられ、洗面ボウルも可愛らしいものが取り付けられて

一気に素敵な洗面所になりましたね♡

タイル貼りました (2).jpg

タイル貼ります16.jpg

そして、お次はキッチン後ろのタイル貼り。

グリーンでまた違った雰囲気ですね。

窓枠に合わせてタイルを切る作業はとても気を遣う繊細な作業なので

慎重に進めていました。

こちらの目地材はグレーを使用しましたよ(^^)

出来上がったのがこちら!

タイル貼りました.jpg

取り寄せた収納棚も雰囲気にマッチして、とても素敵ですね。

好きなタイルを使ってお部屋の雰囲気に変化をつけやすいのが楽しいですね。

みなさんもタイルをお好きな場所で使ってみるのはいかがでしょうか。

タイル1つでガラッと雰囲気が変わるので楽しいと思いますよ。

タイルも数多くの種類があるので、コーディネーターに相談してみてくださいね。

今回はタイルのお話をしました(^^)

次回は【地縄を貼る】の巻をお伝えいたします!

お楽しみに♪

みなさん、こんにちは。

今日のお天気は曇り空。なんだか寒い。昨日も暖かかったので気持ち的にちょっと油断してます。

この油断が体調を崩す原因なので気をつけないと!みなさんもお気をつけて。

さて、写真が貼れなかった分のブログが溜まっていて、2月中にお届けできるか不安になってきている

ワタクシです。今日は【ウォルナット色に塗ります♪】の巻です!

先日のブログでは建具屋さんが作ってくれた棚のご紹介をさせていただきました♡

今日は、その建具を綺麗に塗ってくれる業者さんのご紹介です♪

ウォールナット色に塗っちゃいました2.JPG

棚が出来て、次は塗装屋さんと細かく打ち合わせをしています。

こちらの棚も、周りの枠と同じウォルナット色に着色をしてもらいます。(画像は後程)

ウォールナット色に塗っちゃいました1.JPG

この2本の柱、右と左では色が違うの分かりますか?

左は何も塗っていないそのままの木の色。右側がウォルナット色に塗ったものです。

お施主様が全部の木の色をウォルナット色にしたいというご希望で、塗装屋さんにすべて塗って

もらうのです。

ウォールナット色に塗っちゃいました4.JPG

一本一本すべて丁寧に塗ってもらいます。

ウォールナット色に塗っちゃいました3.JPG

この塗装はただ色を塗って終わりではなく、そのあと布で色を均一にするために

ゴシゴシと拭いて行きます。

塗って終わりではなく、手間がかかる作業です。

ウォールナット色に塗っちゃいました5.JPG

棚の下の部分はこんな姿勢になりながら塗ってくれています。

なかなかキツイ姿勢ですよね。職人さんには本当に頭が下がります。

細かいところも決して手を抜かず、ていねいに仕上げてくださっています。

ありがたいですね。

家じゅうの木という木すべてをウォルナット色にするため、職人さんには頑張っていただきました。

もちろん、ウォルナット色の既製品がありますが、それだと艶があるのでなんとなく自然素材

からは印象が遠くなる場合もあるようです。

好みの問題ですが、なるべく自然の風合いがお好きな方は、このように木に直接色を塗って仕上げる

方法もあるので、是非コーディネーターや担当の営業に聞いてみてくださいね。

1日かけて家じゅうの木をウォルナットに塗ったので、最初の印象とはまた違った雰囲気

になりました。ありがとうございました!

さて、次回は【タイルを貼る!】の巻です♪タイルといっても様々なところで使われています。

大きなものから小さなものまでたくさんあります。職人さんはどんなふうに作業しているのか

お伝えしま~す♪お楽しみに!

澤田建具さんのお仕事パート2

| コメント(0)

みなさん、こんにちは。

花粉が飛び始めて鼻や喉に違和感が出てくる季節になってきましたね。

ワタクシは花粉症じゃないので、とにかく春が待ち遠しいだけでございます♪

(花粉症の人を敵に回す発言です)

でも、寒い寒いと体を丸めて過ごしていた季節が終わるのはとっても嬉しいです。

春はアッという間に終わってしまうので満喫しようと思います♪

さて、今日は前回のブログの続きで【建具スポッとハマる!】の巻でございます~♪

あの、建具がどんな風に出来上がっていったのかお伝えしようと思います!

IMG_7517.jpg

先日のブログの画像はコレ!  ↑ ↑ ↑

この澤田建具さんの工房で作られてきた引出しがどんな風に取り付けられていくのでしょうか。

澤田建具さんスポッとハマる1.jpg

まずはそ~っと中の引出しを取り出して。。。

澤田建具さんスポッとハマる2.jpg

外枠の部分を・・・

スポッとハメる!!!!

寸法ピッタリ!きもちよ~く、スーッと引き込まれていく様子は

感動しかありませんでした!

さっちゃんがキッチリと寸法を測ってくれた結果ですね!

2019.01.24 さっちゃんかっこいい.jpgのサムネイル画像

そして、監督と確認をしながら次の工程へ進みます。

澤田建具さんスポッとハマる3.jpg

澤田建具さんスポッとハマる4.jpg

引出し部分を入れてから

澤田建具さんスポッとハマる6.jpg

表部分となる、外側の部分を取り付けます。ここに取っ手が付きます。

澤田建具さんスポッとハマる7.jpg

簡単につくと思いきや・・・。なにやら細かく寸法など見ている様子。

何度も何度もか確認しながら取り出したのは!!!!

澤田建具さんスポッとハマる9.jpg

カ!カンナ!!!!

カンナをおもむろに調節する職人さん。なにをするのかと見ていると。

澤田建具さんスポッとハマる8.jpg

削ってる!!!!

澤田建具さんスポッとハマる11.jpg

ある程度削ったら、またハメてみて・・・

澤田建具さんスポッとハマる10.jpg

また削る!!!!

澤田建具さんスポッとハマる17.jpg

この作業を何度か繰り返し、納得のいく寸法になってやっと

澤田建具さんスポッとハマる16.jpg

仮の固定であった表の化粧板を金具でとめて行きます。

澤田建具さんスポッとハマる12.jpg

下の部分の扉も取り付け・・・

澤田建具さんスポッとハマる13.jpg

完成です!う・美しい~~~~!!!!

感動です!0.0㎜の世界の職人技です。

こんな風に建具が出来ていくのですね~!感動しかありません。

完全なるオリジナル建具。

きっとお施主様も喜んでくれるに違いありません。

ワタクシ、まだお施主様にはお会いしたことないのですが。。。。

お会いした時にはこの感動を余すことなく伝えたいと思っています!

さて、次回のブログはこの続き(まだある!)

【ウォールナットに塗りました♪】をお送りします。

お楽しみに♪

澤田建具さんのお仕事パート1

| コメント(0)

みなさん、こんにちは。

長らくお待たせしました!やっと写真が貼りつけられるようになったので

1月から溜まっていた臨場感あふれる記事をお伝えしたいと思います!(自分で言う)

さて、先日現場監督の大石さんと参野町の現場に行ってきました。

参野町の現場はそう!あのJIO検査に行ったお家です!あの時は12月28日。

あれから1か月ぐらいしか経っていないのに、もう外観は出来上がり、あとは内装を。。。

まで作業が進んでいました。こんな短期間で作業をしてくださる業者さん達には

本当に感謝ですね。(この日1月24日時点です)

そして、今回現場監督の大石さんと打ち合わせのため来てくださったのは

「澤田建具」の高森さん!(通称さっちゃん♪)

ワタクシ、現場では男性しか見たことがなかったのですが、

さっちゃん(ご本人のお許しが出たので馴れ馴れしく呼ばせていただきます)は

女性の方!もう急にお花が咲いたように現場がパッと明るくなりました~♪

とっても気さくで美人な方でしたので、現場監督の大石さんも急にニコニコしてました←

2019.01.24 建具やさんさっちゃん1.jpg

2019.01.24 さっつんと嬉しそうに話す大石さん.JPG

監督の大石さんがきちんとお施主様の要望をお伝えしています。

ここでしっかりとポイントをさっちゃんへお伝えしなければ、完璧なものが出来上がりません。

2019.01.24 さっちゃんかっこいい.jpg

要望をしっかりと聞いたうえで、さっちゃんが寸法を測っていきます。

2019.01.24 さっちゃんかっこいい2.jpg

なんかすごいメジャーが出てきてワタクシ大興奮!

いつも思うのですが、職人さん達が持っているお仕事道具は素人のワタクシから見たら

魔法の道具のように見えます!なんだかカッコいい!!!

そのカッコいいものをいれるカッコいい収納はコレ!!!!

              ↓↓↓↓↓

2019.01.24 さっちゃん仕事道具.jpg

釣竿入れ!

なぜ、に。。。さっちゃん。。。

でもどうやらこれがぴったりだそうで♪

大工さんに「今日はどこ釣り行くだ~?」と声かけられるそうです(^^)

なんだかほっこりエピソードも教えてもらったりしました♪

今回こちらの棚は、どのように作るかと言いますと。

さっちゃんが寸法を測ったスペースに、スポッとハマる引出しを工房で作ってきて、

出来上がった棚を、こちらの現場に持ち込んで、ハメる。

わ、わかります。。。?

(臨場感が。。。)

ここできちんと寸法を測っていないと現場で「は、入らない」となってしまうので

本当に丁寧にお仕事をしていただきました。

こうして監督とさっちゃんがタッグを組んで出来上がったのがこちら!

IMG_7517.jpg

あれ?っとお思いの方!まだまだ続きがあります!

これからどんどん出来上がりに近づいていきますよ♪

この後はまた次回のブログでお伝えします。(写真が多すぎて伝えきれない)

お家はいろいろな職人さんの力が集結して出来上がっています。

たくさんの業者さんの力で出来上がっているので、ぜひそこをみなさんに

感じ取っていただきたいな~と思います。

棚も、扉も、柱も、すべて職人さんがひとつづつ携わっています。

今回は澤田建具さんのお仕事をお伝えさせていただきました♪(次回も続く)

みなさん、一度建ててる現場を見にきてください!きっと感動します(^^)

では、次回は「建具スポッとハマる!」をお送りします♡

お楽しみに♪

みなさん、こんにちは。

今日は今週末の勉強会のお知らせをさせていただきます(^^)

今週末の2月17日(日)は浜松市中区のアクトシティ浜松コングレスセンター2階の21会議室にて

『賢い家づくり勉強会』が開催されます。

毎月12名様限定で講師の先生をお呼びして開催しています。

講師の先生は様々な住宅会社のコンサルティングを手掛けてこられた方で、

「少し知るだけで家計への負担が劇的に軽くなる」住宅を建てる前に知っておきたい知恵を

存分に教えてくれる内容となっています。

これからお家づくりを考えようかと思っているご家庭も、まだ先だと思っているご家庭も

知っておいて損はない内容となっていますので、この機会にぜひご参加ください。

ご予約はこちらからどうぞ。

アイテム

  • thanks.jpg
  • 201905134.jpg
  • 201905132.jpg
  • 201905133.jpg
  • 2019051311.jpg
  • 201905131.jpg
  • 201904253.jpg
  • 201904252.jpg
  • 201904251.jpg
  • 201904223.jpg

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13